Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版サイトへのアクセス抑止策に関する報告書 - 総務省

総務省は、「インターネット上の海賊版サイトへのアクセス抑止方策に関する検討会」による報告書を公開した。

海賊版サイトへのアクセスを抑止するための対策を実施するうえで、前提となる法的整理や、技術面、コスト面について検討。8月5日の検討会で取りまとめた。

取りまとめにあたっては、海賊版による被害状況や対処するための取り組みなどについて出版業界からヒアリングを行ったほか、検討の論点に関して意見を募集。

またアクセス抑止策に関して、インターネット利用者に対するアンケート調査や、技術的な課題およびコストに関して電気通信事業者団体に対して調査を実施したという。

(Security NEXT - 2019/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生のセキュリティ対処能力は上昇傾向
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
トレンドと警視庁、子どものインターネット被害防止で契約締結
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省
「Interop Tokyo 2017」が開幕、セキュリティ関連の出展も充実 - 6月9日まで
子どものネット安全対策、保護者の5人に1人は無策