Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市

神奈川県平塚市の元職員が、業務で管理していた個人情報を持ち出し、自身の選挙活動に利用した可能性があることがわかった。

同市によれば、市議会選挙に出馬した元職員から選挙ハガキが届いた住民より、個人情報が漏れたのではないかとの指摘が4月17日に寄せられ、調査を行ったところ、不正な持ち出しが発覚した。

同市の調査では、2018年11月29日にのべ3万1429件の個人情報を記録したファイル1019件、12月22日にのべ248件の個人情報を記録した16件のファイルを持ち出した疑いが出ている。

ファイルによって異なるが、氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス、口座情報などの個人情報が含まれる。

(Security NEXT - 2019/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院