Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡市の関連サイトに不正アクセス - 迷惑メール送信の踏み台に

福岡市の地域活性化事業を紹介するウェブサイトが不正アクセスを受け、迷惑メールを送信するための踏み台に悪用されたことがわかった。サーバ内に機密情報や個人情報は保存されていなかったという。

同市によれば、農山漁村地域の活性化事業を紹介しているウェブサイトが不正アクセスを受け、7月30日正午ごろから翌8月1日20時ごろにかけて、サーバが迷惑メールを送信するために悪用されたという。

7月31日にサーバの管理会社より連絡があり、その後調査を進めていたが、翌8月1日20時ごろに不正アクセスを受けたウェブサイトを特定、停止した。

送信された迷惑メールは英文で記載されており、IDやパスワードなどの期限が切れたなどとして誘導先となるURLを記載。フィッシング攻撃に利用されたものと見られる。

今回の不正アクセスによって送信された迷惑メールの件数や、不正アクセスを受けた原因について、同市は調査を進めている。

不正アクセスを受けたサーバに個人情報や機密情報などは保存されていなかった。また同市の他システムに対する影響なども確認されていない。

今回送信されたメールによる被害の報告などは入っていないが、同市では、心当たりのないメールに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
都議会議員メルアカが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に
メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - JEMIC