Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス

マカフィーは、電力事業者向けのコンサルティングサービス「電力制御システムセキュリティガイドライン対応支援サービス」を提供開始した。

同サービスは、日本電気技術規格委員会(JESC)が電気事業者が実施すべき電力制御システムのセキュリティ対策の要求事項を規定した「電力制御システムセキュリティガイドライン JESC Z0004(2016)」への対応方針を評価し、準拠を支援するもの。

同ガイドラインの要求事項へ適正に準拠できているか評価。リスク評価に基づき、管理面および技術面においてコンサルティングや推奨する対策などをまとめたレポートを提供する。

ガイドラインへの対応方針や対応方法を検討中の事業者向けには「電力制御システムセキュリティガイドライン対応支援サービス」を提供。

またガイドラインへの対応方針を検討済みの事業者には「電力制御システムセキュリティガイドライン対応評価支援サービス」を用意している。料金はいずれも540万円から。

(Security NEXT - 2019/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業
FIDO認証導入のコンサルティングサービス
「REDチームサイバー演習サービス」を開始 - ニュートン・コンサル
オンライン本人確認事業で合弁会社検討 - セブン銀とISID