Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CIS Controls」を用いたセキュリティ対策のアセスメントサービス

ラックは、組織におけるセキュリティ対策状況を可視化する「CIS Controlsアセスメントサービス」を提供開始した。

同サービスは、The Center for Internet Security(CIS)が発行する「CIS Controls Version 8」を活用し、組織内のシステムやIT関連サービスの提供環境などについてセキュリティ対策状況をアセスメントするコンサルティングサービス。

対策状況をヒアリングして分析、成熟度の評価を実施。課題や対策が必要となるポイントについて報告し、必要に応じてソリューションを提案する。

組織やシステム規模によって変化するが、事前打合せから報告会まで3カ月から4カ月を目処としている。実施にあたっては利用者側ではアセスメント推進委員会を設置し、ヒアリングの調整やQAシートの回収など行う必要がある。

(Security NEXT - 2022/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開