Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載済みの申込書をメールに誤添付 - 鎌倉市

神奈川県鎌倉市は、イベント申込者への案内メールにおいて、ほかの申込者の個人情報を誤って添付していたことを明らかにした。

同市によれば、8月に実施予定の「セーリング魅力発見プロジェクト!」において、申込者へ送信したメールに誤って個人情報を添付していたもの。

7月22日午前、所定の申込様式を使用しなかった申込者7人に対し、所定の申込様式で再提出するよう依頼するメールを送信。その際に申し込み済みである参加者の氏名や住所、電話番号、年齢、身長などが記入されている申込様式を誤って添付したという。

同市では、個人情報が流出した申込者に対して事情を説明して謝罪。誤送信先に対し、個人情報の削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
営業再開の案内メールで送信ミス - 静岡のリゾートホテル
顧客向けメールで「CC」利用するミス - ネクスト・モビリティ
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 名古屋のヨガスタジオ
メール送信ミスで顧客のメアド流出 - ヒューマックスシネマ
メール誤送信で大阪府港湾協会会員のメアド流出 - 大阪府
メール誤送信で進学相談会参加者のメアド流出 - 情報科学芸術大学院大学