Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク実施者の約4割、「セキュリティ問題」がデメリット

テレワークを実施する企業において、約4割が「セキュリティに関する問題」をデメリットに感じている。「労務管理の難しさ」に次ぐ多さだった。

チームスピリットが、5月13日から15日にかけて、同社のクラウドサービス「TeamSpirit」のユーザー企業を対象に行ったテレワークに関する調査を実施、結果を取りまとめたもの。回答数は194件。

今回の回答者におけるテレワークの実施状況を見ると「全社員が行っている」は4.6%「一部社員が行っている」と答えた企業が44.9%だった。「導入予定がある」「行う予定がない」がいずれも24.7%だった。

テレワークの実施経験がある企業に対し、テレワークを行って感じたデメリットについて聞いたところ、「労務管理の難しさ」が60.8%でもっとも多く、「情報セキュリティ上の問題」が42.4%で続いた。「会社としての一体感、コミュニケーションの低下(27.2%)」といった声もある。

一方テレワークを実施していない、実施する予定がないと答えた企業に対し、理由を聞いたところ、「労務管理の難しさ(55%)」「情報セキュリティ上の問題(41.7%)」といった声が目立つ。「会社としての一体感、コミュニケーション低下への不安」も35.2%あり、若干の差異はあるものの、いずれも実施企業が感じているデメリットと同様の傾向が見られた。

(Security NEXT - 2019/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
2019年2Qのクレカ不正被害額68.5億円 - 番号盗用被害が微減