Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス

シマンテックは、あらかじめ登録した情報がダークウェブ上に流出していないか確認できる新サービス「ノートンダークウェブモニタリング Powered by LifeLock」の提供を開始した。

同製品は、あらかじめ登録した個人情報が、ダークウェブより収集したデータに含まれていないか確認し、発見時にアラートを表示してアドバイスを提供するサービス。ポータルサイトおよびアプリから利用できる。1年1台版の想定価格は3002円。

メールアドレスや住所、クレジットカード番号、銀行口座番号、電話番号、運転免許証番号の登録に対応。これら情報と結びつけられたユーザー名、パスワード、パスポート番号、セキュリティコードなどについても発見した場合に警告するという。

2017年初頭に23億ドルで買収したLifeLockの技術を活用したもので、すでに米国においてはコンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの一部として提供済み。国内市場に対しては今回単体サービスとして投入した。

20190711_sy_002.jpg
ノートンダークウェブモニタリングの概要(画像:シマンテック)

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG
ディープ、ダーク含むネット脅威情報の報告サービス - ラック
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など