Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動

「CVE-2019–13449」については、6月脆弱性を修正したクライアントソフトがリリースされた。また脆弱性の公開後となる7月9日にZoomでは「同4.4.53932.0709」をリリース。問題が指摘されたローカルのウェブサーバを削除した。

同脆弱性について分析したRapid7によると、リンクから誤って会議に参加した場合、クライアントソフトが前面に表示され、ウェブカメラのステータスランプも点灯することから、悪用に気が付きやすいという。

またミーティング参加時にビデオを起動しない設定にしておくことで、脆弱性の影響を緩和できると指摘した。

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み