Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動

Zoom製ウェブ会議ソリューションのMac向けクライアントソフトにおいて、特定のURLへアクセスさせるだけでウェブカメラを起動できる脆弱性が明らかとなった。同ソフトをアンインストールしている場合も影響を受けるという。

同ソフトにおいて、特定のURLへアクセスしたユーザーに対し、ビデオカメラをアクティブにして強制的にビデオ会議へ参加させることが可能となる脆弱性「CVE-2019-13450」が判明したもの。無効な呼び出しによってDoS攻撃が可能となる「CVE-2019–13449」もあわせて明らかとなった。

同ソフトは、APIによる操作が可能なウェブサーバがローカル環境で動作。クライアントをアンインストールしてもウェブサーバは削除されず、要求に応じてクライアントソフトが再インストールされるため、一度利用したユーザーは脆弱性の影響を受けるという。

同脆弱性は、セキュリティ研究者のJonathan Leitschuh氏が発見し、3月26日にZoomへ報告。報告後90日が経過したことから、7月8日に公開に踏み切った。同氏によれば、脆弱性の報告後、同社より金銭を提供するかわりに修正後も脆弱性を非公表とする提案を受けたが、断ったという。

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か