Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、2019年版「情報通信白書」を発行 - 電子書籍やアプリでも

総務省は、2019年の「情報通信に関する現状報告(情報通信白書)」を公開した。書籍のほか、電子版を無償で提供している。

同白書は、国内の情報通信の現状や情報通信政策の動向について取りまとめたもの。2019年版の特集テーマを「進化するデジタル経済とその先にあるSociety 5.0」とし、ICTとデジタル経済がどのように進化したのか振り返った。

また「Society 5.0」の展望や、真価を発揮するために必要なポイントを提示した。

同白書は、書籍による販売のほか、同省サイトよりPDFやEPUB形式で参照できる。また各電子書籍ストアで順次無料で公開する。

さらに8月を目処に、HTML形式でも掲載するほか、英文版や小学生向け白書を作成し、後日公開するとしている。

(Security NEXT - 2019/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA学生向けセキュリティ啓発コンクールで受賞作が決定 - 学校39校が特別賞
【書籍】IPA、「情報セキュリティ白書2014」を発行 - 電子版もリリース予定
標的型攻撃やスマホなどあらたな課題を収録「情報セキュリティ白書2012」
情報セキュリティの動向を収録した「情報セキュリティ白書2009」が出版
IPAが2008年10大脅威を発表 - 「多様化する脅威へ立場に応じた対策を」
「情報セキュリティ白書2009」の出版事業で公募 - IPA
ネット10大脅威の1位は? - 「情報セキュリティ白書2008」の一部が公開
動向分析や参考資料を収録した「情報セキュリティ白書2008」 - IPA
セキュリティ上の脅威不可視化が経済事犯に拍車 - 情報セキュリティ白書
SQLインジェクションの概要や対策をまとめた資料を公開 - 警察庁