Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に

情報処理推進機構(IPA)は、セキュリティに関する年次白書の最新版「情報セキュリティ白書2021」のPDF版を公開した。

同白書は、2008年より毎年発行しているセキュリティ分野の概況を幅広く紹介する資料。毎年収録している定番トピックや話題となった個別テーマなどを収録している。

書籍の発売とあわせてPDF版の提供を同機構ウェブサイト上で開始したもの。PDF版は、パスワードを設定したzipファイルにより提供し、パスワードを入手するには、同機構のウェブサービスへ会員登録をした上でアンケートに回答する必要がある。

また書籍購入者向けに正誤表をあわせて公開している。

(Security NEXT - 2021/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
CSIRT人材の育成方法をまとめた資料を公開 - 日本シーサート協議会
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意