Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意

情報処理推進機構(IPA)は、「情報セキュリティ白書2020」を発行した。書籍版にくわえてPDF版も用意しており、アンケートに回答することで入手できる。

20200907_ip_001.jpg
情報セキュリティ白書2020

同書は、セキュリティに関する政策や脅威の動向、インシデントの発生状況など、セキュリティを取り巻く状況について取りまとめた資料。2008年より毎年発行している。

システム管理者やセキュリティ担当者向けの情報はもちろん、一般向けの情報も収録。

今回はクラウドに関するセキュリティ動向や、青少年を取り巻くネット環境などあらたなトピックとして取り上げた。日米企業におけるセキュリティマネジメントの比較といったコンテンツも収録している。

A4版で価格は2000円(税別)。ISBNは「978-4-905318-74-3」。さらにPDF版を用意。アンケートに回答することで入手できる。入手方法など詳細は同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2020/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Interop Tokyo 2024」が開催中 - 「ShowNet」も人気、ケーブル総距離32キロ超
従業員のメールアカウントに不正アクセス - 日経BP
Interop Tokyoの「Best of Show Award 2024」が発表
グリコ、6月下旬より冷蔵品の出荷を順次再開
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
GitLab、脆弱性5件に対処したセキュリティアップデートを公開
「Apache Submarine」に脆弱性 - 5月にプロジェクト終了、修正予定なし