Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワークの実績を持つ企業や団体を募集 - 総務省

総務省は、テレワークの活用を進めている組織の事例を収集し、すぐれた取り組みを行う組織を表彰する「テレワーク先駆者百選」の募集を開始した。

同取り組みは、テレワークの普及促進に向けて、先行事例の収集と表彰を行うもの。2015年度から実施している。

テレワークによる勤務制度が整っている企業や団体、地方公共団体を「テレワーク先駆者」と認定。そのなかから対象従業員の50%以上または100人以上が実施しているなど、十分な実績がある企業を「テレワーク先駆者百選」と認定して公表している。

2016年度より「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」を創設。経営面での成果やICTの利活用、地方創生の取り組みなどを総合的に判断し、「テレワーク先駆者百選」のなかから特に優れた取り組みを表彰している。

募集期間は8月26日まで。指定の様式に必要事項を記入のうえ、事務局に提出する。事務局や外部の有識者による審査を経て、11月に結果を公表する。

(Security NEXT - 2019/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
少なくない? テレワーク実施でも紙資料提出で出社
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差