Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワークの実績を持つ企業や団体を募集 - 総務省

総務省は、テレワークの活用を進めている組織の事例を収集し、すぐれた取り組みを行う組織を表彰する「テレワーク先駆者百選」の募集を開始した。

同取り組みは、テレワークの普及促進に向けて、先行事例の収集と表彰を行うもの。2015年度から実施している。

テレワークによる勤務制度が整っている企業や団体、地方公共団体を「テレワーク先駆者」と認定。そのなかから対象従業員の50%以上または100人以上が実施しているなど、十分な実績がある企業を「テレワーク先駆者百選」と認定して公表している。

2016年度より「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」を創設。経営面での成果やICTの利活用、地方創生の取り組みなどを総合的に判断し、「テレワーク先駆者百選」のなかから特に優れた取り組みを表彰している。

募集期間は8月26日まで。指定の様式に必要事項を記入のうえ、事務局に提出する。事務局や外部の有識者による審査を経て、11月に結果を公表する。

(Security NEXT - 2019/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク実施者の約4割、「セキュリティ問題」がデメリット
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
中小企業向けテレワークのセキュリティガイドライン - CSAJ
総務省、テレワーク推進に向けた専門家派遣の申請受付を開始
「テレワークセキュリティガイドライン 第3版」が公開 - BYODやクラウド盛り込む
スマホやクラウド利用に脅威感じる企業は2割から3割程度 - IDC調査
2010年国内セキュリティソフト市場はプラス成長に好転 - 今後は震災影響による需要増加も
2011年はウェブ経由の脅威によりIT担当者の負担が増加 - メッセージラボ予測
NISC、「セキュア・ジャパン2010案」が決定 - パブコメ募集を開始