Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール

「RaaS(Ransomware as a Service)」を展開するランサムウェア「GandCrab」の提供者が、サービスの停止をアナウンスした。復号キーも削除するという。

同ランサムウェアは、2018年初頭に登場し、「RaaS(Ransomware as a Service)」として展開されたマルウェア。収益の6割が分配されるアフィリエイトサービスの参加者が、同ランサムウェアをさまざまな方法で拡散、感染被害が広がった。

真偽は定かではないが、同ランサムウェア提供者のアナウンスでは、十分な収益を得たなどとして、RaaS参加者に対してサービスを停止すると説明。RaaS全体で20億ドル以上の収益を上げ、提供者も平均週250万ドルの利益を得たなどと主張し、すでに換金して合法的なビジネスを開始しており、ランサムウェア事業から撤退すると述べた。

またサービスの停止にともない、今後キーを削除するため、ランサムウェアの被害者は復号できなくなるとし、ランサムウェアの拡散を停止するようアフィリエイト参加者に促している。

(Security NEXT - 2019/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止