Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府のサイバーアラートに見せかけた偽メールに注意

米国において、米国土安全保障省が発行するサイバー関連の注意喚起に見せかけ、マルウェアへ感染させようとするメールが出回っている。

同省では「国家サイバー啓発システム(NCAS)」を運営し、脆弱性やマルウェア、サイバー攻撃、攻撃グループの分析レポートなど、セキュリティに関する情報発信を行っているが、同システムより発行されるアラートに偽装した攻撃メールが確認されたことから同省のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)が注意喚起を行ったもの。

メールアドレスを偽装し、​​正規のアラートに見せかけたメールを送りつけ、添付ファイルを開かせる手口で、誤って開くとマルウェアへ感染するおそれがあるという。

同庁では、アラートのメールにファイルを添付することはないと説明。著名な組織からのメールであっても、添付ファイルやメールに記載されたURLを開くのではなく、関連組織の正規サイトを直接参照するなど、用心するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意
「あなたのNTTドコモはロックされている」 - dアカウント狙うフィッシング
千葉銀装うフィッシング攻撃 - 「不正画面の事例」リンクでも偽サイトへ誘導