Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県

神奈川県は、県立高校において、生徒の個人情報含む指導要録の写しなどが所在不明になっていることを明らかにした。

同県によれば、4クラス128人分の生徒指導要録の写しなどが紛失していることが、5月10日に判明。指導要録には、学籍に関する記録と指導に関する記録が含まれ、生徒の氏名や修得単位数、出欠の記録、指導上参考となる事項などが記載されていた。

そのほか、1クラス33人分の氏名や修得単位数、出欠の記録などが記載された通知表の写しや、2クラス59人分の氏名や住所、性別、生年月日、修得単位数、出欠の記録などが記載された調査書の原稿も所在不明となっている。

いずれも施錠できるロッカーに保管されていたが、紛失が確認された当時は鍵がかかっていなかったという。

全教職員で校内の捜索を行ったが発見できず、警察へ被害届を提出。同校では、対象となる生徒と保護者に対し謝罪の書面を送付。保護者説明会を開催している。

(Security NEXT - 2019/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 北海道情報大
関係者個人情報含む業務用携帯電話を紛失 - 国交省
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
個人情報含む申請書類が所在不明 - 名古屋市
秘書検定の答案が所在不明、再試験を実施 - 実務技能検定協会
従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院