Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ

日立ソリューションズは、同社が開発した「公開型生体認証基盤(PBI)」を応用した認証製品「Biometric Signature Server」を提供開始した。

同製品は、生体情報から作成した公開鍵をあらかじめサーバに登録。認証時に生体情報から秘密鍵を抽出して認証を行う認証ソフトウェア。

サーバやクライアント、ICカードやスマートフォンなどに生体情報を保存せず認証を可能で、PKIを利用する従来システムとの連携にも対応。

手はじめに指静脈認証に対応。今後は、ほかの生体認証にも対応していく予定だという。

(Security NEXT - 2019/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
富士通、FIDO準拠の生体認証サービス - カメラによる生体認証にも対応