Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID

電通国際情報サービス(ISID)は、自組織や特定ドメインに関するインターネット上の脅威情報を提供する米SecurityScorecardのサービスを提供開始した。

今回提供を開始した「SecurityScorecard」は、組織のシステム情報やマルウェア関連情報など、サイバー攻撃につながりうる情報をインターネット上で収集。

自組織や指定したドメインの関連する情報を照会、分析して、「ネットワーク」や「アプリケーション」など項目ごとにスコア情報を提供する。

料金は、自社および5件のドメインをチェックできる年間ライセンスが270万円から。

(Security NEXT - 2019/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供
テレワーク環境のセキュリティを診断するサービス - マクニカ
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
テレワークのリスク評価サービス - セキュアワークス
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ