Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID

電通国際情報サービス(ISID)は、自組織や特定ドメインに関するインターネット上の脅威情報を提供する米SecurityScorecardのサービスを提供開始した。

今回提供を開始した「SecurityScorecard」は、組織のシステム情報やマルウェア関連情報など、サイバー攻撃につながりうる情報をインターネット上で収集。

自組織や指定したドメインの関連する情報を照会、分析して、「ネットワーク」や「アプリケーション」など項目ごとにスコア情報を提供する。

料金は、自社および5件のドメインをチェックできる年間ライセンスが270万円から。

(Security NEXT - 2019/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
システム開発の「Shift Left」を支援するコンサルサービス - BBSec
法人SOC向けにセキュリティソリューション群 - カスペ
個人データを匿名加工するクラウドサービス - NTTコム
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ
DX向けサービスのリスク評価や対策を支援 - NRIセキュア
関連企業やSCのセキュリティ対策状況を可視化するサービス - NRIセキュア
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec