Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

冷蔵庫内の片付けできる人は職場データも整理できる傾向?

職場内に機密データや個人情報を含むデータを保存する従業員が半数を超える一方、データのアクセス管理における責任が、経営層や関連部門にあると考える従業員が6割から7割にのぼっている。

Kaspersky Labが、日本を含む世界14カ国の企業に勤務する7000人を対象に、2018年12月から2019年1月にかけてオンライン調査を実施したもの。国内の回答者は500人。

同調査によれば、国内の従業員の59%、グローバルの72%が、個人を特定できる情報や機密データを含む文書を、職場で保管していると回答した。

一方、業務関連のファイルや文書、メールなどに適切なアクセス権限が設定する責任について、経営層やセキュリティ部門、IT部門にあると考えている割合は、日本は59%、全体では71%だった。

(Security NEXT - 2019/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
多くの企業が不正侵入対策へ注力するも3割弱が被害を経験
セキュリティ侵害発覚まで平均520日 - 狙いは役員の「メール」
3社に1社、過去1年にサイバー攻撃受ける - 半数で被害
標的型攻撃の大幅増加、「ばらまき型」に起因 - ただし巧妙な攻撃も増加傾向