Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスタムコードで作り込みやすい脆弱性トップ10

開発者向けの脆弱性対策プラットフォームを提供するSnykは、カスタムコードにおいて作り込みやすい脆弱性を調査し、結果を取りまとめた。

ライブラリやパッケージに起因するものではなく、利用者がコーディングした「カスタムコード」について調査を実施。2022年に同プラットフォームで検出した脆弱性をランキングとして取りまとめたもの。

言語は、「JavaScript」「Java」「Python」「Go」「PHP」「Ruby」「C#」の7種類を対象としており、一般的によく見られる脆弱性について集計した。ランキングは以下のとおり。

第1位:ディレクトリトラバーサル(パストラバーサル)
第2位:クロスサイトスクリプティング(XSS)
第3位:ハードコードされた認証情報
第4位:オープンリダイレクト
第5位:安全でないハッシュの利用
第6位:クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)
第7位:SQLインジェクション
第8位:「HttpOnly」の指定がないセンシティブなCookieの使用
第9位:平文による機密情報の通信
第10位:不適切な証明書の検証

(Security NEXT - 2023/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消