Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測

2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場は、171億5000万円の見込みで、2022年度には1235億9000万円に拡大するとの予測を矢野経済研究所が発表した。

同社が国内のIT事業者やブロックチェーン関連スタートアップ企業などを対象に調査を実施したもの。2018年12月から2019年4月にかけて面談や電話、メールによるヒアリング、文献などをもとに分析した。

事業者売上高ベースから見た2019年度国内ブロックチェーン活用サービスの市場規模は171億5000万円。

ブロックチェーン登場当初、仮想通貨の基盤として注目されたが、サプライチェーンや権利証明など、同技術を応用した実証実験を実施するなど、応用する領域の拡大が期待されている。

近年では、食品のトレーサビリティや物流における透明性の確保、書類のチェックなどに活用されており、同社は今後、同技術を活用したサービスの商用化が、幅広い分野で進むと予測。

2017年度から2022年度にかけた同市場の年平均成長率を108.8%と見込んでおり、2022年度の市場規模について1235億9000万円に達する予想している。

(Security NEXT - 2019/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎