Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催

電子政府推奨暗号や新暗号技術の評価や暗号技術の利用に関するガイドラインなどを策定しているプロジェクト「CRYPTREC」は、7月12日に都内でシンポジウムを開催する。

同プロジェクトは、政府の暗号技術検討会、情報通信研究機構(NICT)、情報処理推進機構(IPA)が共同で運営する暗号技術評価委員会と暗号技術活用委員会で構成されている。

今回開催する「CRYPTRECシンポジウム2019」では、2017年度、2018年度の活動状況をはじめ、暗号技術の安全性評価、利活用に関する検討状況などを報告するもの。

会場は、品川シーズンテラスカンファレンスで参加費は無料。申し込みは先着順で受け付け、定員となり次第締め切る。

20190521_ct_001.jpg
CRYPTRECシンポジウム2019のプログラム

(Security NEXT - 2019/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
IPA、サイトのセキュリティ対策20カ条を解説 - CLも公開
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
クラウドセキュリティに活用できるOSSを紹介した資料 - CSAジャパン
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC