Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催

電子政府推奨暗号や新暗号技術の評価や暗号技術の利用に関するガイドラインなどを策定しているプロジェクト「CRYPTREC」は、7月12日に都内でシンポジウムを開催する。

同プロジェクトは、政府の暗号技術検討会、情報通信研究機構(NICT)、情報処理推進機構(IPA)が共同で運営する暗号技術評価委員会と暗号技術活用委員会で構成されている。

今回開催する「CRYPTRECシンポジウム2019」では、2017年度、2018年度の活動状況をはじめ、暗号技術の安全性評価、利活用に関する検討状況などを報告するもの。

会場は、品川シーズンテラスカンファレンスで参加費は無料。申し込みは先着順で受け付け、定員となり次第締め切る。

20190521_ct_001.jpg
CRYPTRECシンポジウム2019のプログラム

(Security NEXT - 2019/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
ココンと産総研、高機密性データの利活用に向け共同研究
「PCI PIN Security」の日本語審査を提供 - NTTデータ先技