Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV

愛媛CATVは、同社サーバが不正アクセスを受け、携帯電話サービスの利用者に関する個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、以前にモバイルユーザー用マイページを提供していたサーバや、モバイル用ウェブ申し込みフォームで利用するサーバが海外から不正アクセスを受けたもの。一部顧客情報が削除されており、データが外部へ流出した可能性がある。

被害に遭った可能性があるのは、2018年4月15日以前にこれらサーバへアクセスした顧客に関する氏名、IDとして登録されたモバイル電話番号、ハッシュ化されたログインパスワードなど1万3002件の個人情報。

またウェブ申し込みフォームを利用し、申し込みの途中で入力を停止したり、エラーで入力が完了できなかった顧客の氏名、住所、メールアドレスなど個人情報213件も被害を受けた可能性がある。ただし、正式に申し込みが完了した顧客の情報は含まれない。

(Security NEXT - 2019/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
家具通販サイトでクレカ情報流出 - 不正利用も
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
キャラグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県
SaaSへの不正アクセスでクレカ情報流出か - 支那そば通販サイト
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
財務支援サービスに不正アクセス、顧客情報が流出 - 三菱UFJ銀