Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市

大阪市は、船場法人市税事務所において、税額決定通知書の送付ミスがあり、個人情報が流出したことを公表した。

同市によれば、「給与所得等に係る個人市民税・府民税特別徴収税額の決定通知書」の印刷や封入業務を委託している事業者において、宛名シールを誤って貼付。本来送付すべき法人とは異なる法人へ送付した。通知書を受け取った事業者からの連絡で問題が判明したという。

通知書には従業員の個人情報が記載されており、従業員343人の氏名や住所、特別徴収税額などが含まれる。また従業員全体の特別徴収税額や課税人数、非課税人数などの法人情報も記載していた。

同市では、誤送付先となった事業者に謝罪し、通知書の返送を依頼。本来の送付先だった事業者には、事情を説明して謝罪し、あらためて通知書を送付。従業員に対しても個別に謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2019/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都民の住宅ローン情報含むファイルを誤送信 - 東京都
高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県
卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
電気料金支払い依頼書を別の顧客に送付 - エネクスライフサービス
高校で検定試験結果が所在不明、持ち去りか - 神奈川県
郵送アンケートで宛名シール二重貼り、他人の個人情報が透ける状態に - 倉敷市
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市