Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース

Intelは、同社プロセッサの投機的実行においてサイドチャネル攻撃が可能となるあらたな脆弱性4件が明らかとなったとして、マイクロコードアップデート(MCU)をリリースした。

投機的実行において情報漏洩が生じる脆弱性「マイクロアーキテクチャーデータサンプリング(MDS)」の脆弱性が明らかとなったとして、対処したもの。重要度は「中(Medium)」とレーティングしている。

関連する脆弱性は4件あり、いずれもローカル環境よりアクセス可能な認証されたユーザーによって投機的実行が可能となるという。

具体的には、ストアバッファに「マイクロアーキテクチャストアバッファデータサンプリング(MSBDS)」の脆弱性「CVE-2018-12126」が存在。ロードポートで生じる「マイクロアーキテクチャロードポートデータサンプリング(MSBDS)」の脆弱性「CVE-2018-12127」が明らかとなった。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開