Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース

Intelは、同社プロセッサの投機的実行においてサイドチャネル攻撃が可能となるあらたな脆弱性4件が明らかとなったとして、マイクロコードアップデート(MCU)をリリースした。

投機的実行において情報漏洩が生じる脆弱性「マイクロアーキテクチャーデータサンプリング(MDS)」の脆弱性が明らかとなったとして、対処したもの。重要度は「中(Medium)」とレーティングしている。

関連する脆弱性は4件あり、いずれもローカル環境よりアクセス可能な認証されたユーザーによって投機的実行が可能となるという。

具体的には、ストアバッファに「マイクロアーキテクチャストアバッファデータサンプリング(MSBDS)」の脆弱性「CVE-2018-12126」が存在。ロードポートで生じる「マイクロアーキテクチャロードポートデータサンプリング(MSBDS)」の脆弱性「CVE-2018-12127」が明らかとなった。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化