Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宅建業者の情報提供システムに再び不正アクセス - 東京都

東京都は、宅地建物取引業者の情報を提供するシステムが不正アクセスを受けたとして、同システムを停止した。

都によれば、不正アクセスを受けたのは「宅地建物取引業者情報のインターネット情報提供システム」。

5月9日1時半過ぎに同システムのウェブサーバにおいて異常を検知。調査を行ったところ、不正アクセスの痕跡が確認されたため、システムをインターネットから遮断した。

同システムでは、宅地建物取引業者の免許証番号や有効期限、事務所の所在地、代表者の氏名、資本金、監督処分情報などを提供。いずれも公開情報で、個人情報保護の対象となる情報は含まれていないとしている。

(Security NEXT - 2019/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS