Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市

京都府宇治市は、障害福祉課の職員が、障害者手帳の写しを複数の第三者へ誤ってファックス送信したことを明らかにした。

同市によれば、障害者1人分の障害者手帳の写しをファックス送信した際、誤って市登録要約筆記者12人へ送信したもの。誤送信した写しには、氏名や住所、生年月日、顔写真、障害等級、障害名、手帳交付年月日などが記載されていた。

送信前に職員が、グループ登録していた市登録要約筆記者を送信先として指定する操作を誤って行っていた。その後、別の職員が送信先が指定されていることに気付かず、本来の送信先を入力してファックスを送信。本来の送信先にくわえて、市登録要約筆記者にも同時に送信された。

5月7日15時半ごろ職員が誤送信に気付き、誤送信先に電話で連絡。誤送信したファックスの回収や、出力前のデータ消去などを行った。また対象となる障害者の自宅を訪問し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2019/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客宛てメールに顧客情報ファイルを誤添付 - リゾートトラスト
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
取材内容や記者個人情報をファックスで誤送信 - 上野動物園
職員採用の選考結果をファックスで誤送信 - 東京都
県議会選挙関連の情報含む資料を誤ファックス - 長野県
造幣局の通販サイト、別の顧客情報を誤表示 - 保守時の作業ミスで
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト