Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に

「Muhstik」は、これまでも「WebLogic Server」の脆弱性「CVE-2017-10271」を悪用しているが、今回見つかった亜種は、4月に明らかとなった「CVE-2019-2725」を悪用。外部からウェブシェルと見られるファイルをダウンロードしようとしていた。

「Muhstik」の攻撃者は、パッチの適用が広がる前に感染が拡大できるよう、「WebLogic」のほか、「WordPress」「Drupal」など脆弱性の動向に目を光らせており、積極的に悪用しているとPalo Alto Networksは指摘している。

「CVE-2017-10271」のパッチが適用されていないサーバに対しては、同マルウェア以外も、ランサムウェアの感染やマイニングプログラムのインストールなど、積極的に攻撃が展開されている。こうした動きがさらに今後加速するおそれがあるとして同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供