Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、5月28日に「サプライチェーンにおけるサイバーセキュリティを語りあうシンポジウム」を大阪府内で開催する。

同イベントは、サプライチェーンやIoTに関するサイバーセキュリティをテーマとしたシンポジウム。「Society 5.0」を支える信頼の確保に向けて有識者が講演するほか、パネルディスカッションを予定している。

会場は、グランフロント大阪で定員は350人。参加費は無料だが事前申込が必要となる。イベントの詳細はIPAのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省