Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC

内閣サイバーセキュリティセンターは、小規模事業者やNPOなど、セキュリティ担当者の配置が難しい組織向けにセキュリティ対策を解説したハンドブックを公開した。同センターのウェブサイトよりPDFファイルをダウンロードすることができる。

同センターでは、これまでも一般向けに「インターネットネットの安全・安心ハンドブック」を展開しているが、あらたに「小さな中小企業とNPO向け情報セキュリティハンドブック」を作成、公開したもの。

同ハンドブックでは、小規模組織に求められる基本的なセキュリティ対策について解説。セキュリティ対策ソフトの導入やパスワード対策、パソコンやスマートフォンのほか、IoT機器における対策、サイバー攻撃の手口や対処方法などをわかりやすく解説した。

著作権は同センターが保有するが、組織内の研修などに用いることが可能。必要に応じて版下データや画像データなども提供するとしている。

(Security NEXT - 2019/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
日立ソと早稲田大、セキュリティ分野で学術交流協定
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
個人情報の紛失防止で組織向けに教育資料 - JIPDEC
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
職員メルアカに不正アクセス、情報流出の可能性 - 早稲田大
不正アクセスで会員サイトが改ざん - 市進教育グループ