Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%

12カ国を対象に組織内のネットワークやエンドポイントで被害を検出した企業の割合を調べたところ、日本が突出して低い結果となった。

同社が2018年12月から2019年1月にかけて日本と米国を含む12カ国の中堅企業に勤務する3100人以上のIT意思決定者を対象に調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

68%の企業が2018年にネットワークやエンドポイントでなんらかの被害を検出した。従業員数1001人から5000人の大企業では73%、100人から1000人の小規模企業では63%だった。

地域別に見ると、調査対象国である12カ国のうち、日本を除く11カ国はいずれも50%以上、そのなかでもっとも低いイギリスの53%を除くと、いずれも63%以上と高い数字を示している。

(Security NEXT - 2019/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
「Goldfish Alpha作戦」でコインマイナー感染ルータが78%減
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加