Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%

12カ国を対象に組織内のネットワークやエンドポイントで被害を検出した企業の割合を調べたところ、日本が突出して低い結果となった。

同社が2018年12月から2019年1月にかけて日本と米国を含む12カ国の中堅企業に勤務する3100人以上のIT意思決定者を対象に調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

68%の企業が2018年にネットワークやエンドポイントでなんらかの被害を検出した。従業員数1001人から5000人の大企業では73%、100人から1000人の小規模企業では63%だった。

地域別に見ると、調査対象国である12カ国のうち、日本を除く11カ国はいずれも50%以上、そのなかでもっとも低いイギリスの53%を除くと、いずれも63%以上と高い数字を示している。

(Security NEXT - 2019/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず