Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー

リコーは、同社複合機向けに個人情報や機密情報のマスキングアプリを4月19日より提供開始する。

「RICOH カンタンマスキングアプリ」は、申請書など定型書類のスキャンやコピーにおけるマスキング作業を支援する複合機用アプリ。

運転免許証といった定型文書を取り扱う際、マスキングが必要な部分をあらかじめ登録しておくと、複合機で読み取りの際にマスキングして印刷できる。

また非定型文書の場合は、複合機のタッチパネル上で任意の箇所を手動でマスキングの対象とすることができる。

PDFによる出力機能も夏ごろに提供する予定。複合機1台ごとにライセンスが必要で、価格は10万8000円。

(Security NEXT - 2019/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
富士ゼロックスのプリンタ管理ツール関連で2件の脆弱性
セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
NTTコム、オフィス入退室や業務端末の認証にマイナンバーカード
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
メルマガ誤送信で顧客の個人情報が流出 - テクノル