Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報をファックスで誤送信、スキャンの操作ミスで - 内子町

愛媛県内子町は、職員が複合機の操作を誤り、消防団員の個人情報含む資料を報道機関1社へ誤ってファックス送信するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、4月7日16時前、複合機より消防団の退職報償金の請求に必要な資料を報道機関1社に誤送信するミスがあったという。

問題の資料には、2022年度末で退職した消防団員14人分の氏名、住所、生年月日、消防団所属歴、退職報償金額、金融機関の口座番号のほか、消防団員異動者11人の氏名と生年月日が含まれていた。

資料をスキャンしようとした際、タッチパネルの操作を誤ったのが原因で、スキャンとファックス送信を同時に行ってしまったという。問題の判明を受けて同市では関係者などへ謝罪を行なっている。

(Security NEXT - 2023/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MKシステムがランサム感染 - 人事労務サービスで障害
「MOVEit Transfer」のゼロデイ脆弱性 - 90日遡って侵害確認を
「Rancher」に深刻な脆弱性 - 管理者権限を取得されるおそれ
「curl」に複数の脆弱性 - アップデートにて修正
人間ドック受診者情報を医療機関に誤送信 - 福岡県
全国学力調査の一部解答用紙が所在不明 - 送り状貼付ミスで
ランサムウェアに感染、個人情報流出の可能性 - IDOM
複数サーバがランサム被害、影響など調査中 - エーザイ
5月下旬に修正されたZyxel製品の脆弱性、早くも攻撃の標的に
「MS Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性への対応も準備中