Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全なデータ利活用の企業実態について報告書 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、「安全なデータ利活用に向けた準備状況及び課題認識に関する調査」を実施し、報告書を取りまとめた。

同調査は、企業におけるデータ利活用の実態と課題認識などを明らかにする目的で実施したもの。アンケートとインタビューを実施した。

アンケート調査では、東証一部、二部、マザーズへ上場する281社を対象に、2018年11月16日から12月18日にかけて郵送による調査を実施。

事業方針におけるデータ利活用の位置付け、データの取得や他社への提供、共有の実態、データ利活用におけるパブリッククラウドの利用、他社のシステムと連携したデータ利活用、安全なデータ利活用に関する課題や対策などについて調査している。

インタビュー調査は、データ利活用に取り組む企業と有識者19者を対象に、2018年11月1日から2019年2月22日まで実施。自社におけるデータ利活用の実態や課題のほか、データ取引プラットフォームを運営する企業に対し、プラットフォームからのデータ漏洩対策などについて聞いた。

同報告書は、同機構のウェブサイトから簡単なアンケートに回答することで入手できる。

(Security NEXT - 2019/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラックと九工大、AIによるサイバー攻撃防御を共同研究
NTTドコモ、パーソナルデータ憲章を策定 - プラポリ再編も
個情委、内定辞退率予測でリクナビに是正勧告
VMware、Carbon Blackの買収で合意
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止
「JVN iPedia」登録、2019年2Qは5207件 - 累計10万件突破
ココンと産総研、高機密性データの利活用に向け共同研究