Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず

Facebookは、一部利用者のパスワードが社内において読み取り可能な状態で保管されていたことを明らかにした。対象者には通知するという。

1月にセキュリティ調査を実施し、社内のストレージシステムにおいて読み取り可能な状態でパスワードが保存されていることが判明したことから、事態を公表したもの。

問題のデータには、接続性が低い地域で利用されている「Facebook Lite」の利用者数億人分に関するデータのほか、「Facebook」が数千万人分、「Instagram」についても数万人分のデータが含まれると見られる。同社では対象者に事態を通知する方針だ。

同社は問題のデータについて、外部からはアクセスできない場所に保存されていたと説明。内部においても、悪用やアクセスされた形跡は見つかっていないとしている。

また外部での公開も確認されていないとしているが、同社は利用者に対してパスワードの変更方法や、2要素認証の利用方法などを案内している。

(Security NEXT - 2019/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出