Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず

Facebookは、一部利用者のパスワードが社内において読み取り可能な状態で保管されていたことを明らかにした。対象者には通知するという。

1月にセキュリティ調査を実施し、社内のストレージシステムにおいて読み取り可能な状態でパスワードが保存されていることが判明したことから、事態を公表したもの。

問題のデータには、接続性が低い地域で利用されている「Facebook Lite」の利用者数億人分に関するデータのほか、「Facebook」が数千万人分、「Instagram」についても数万人分のデータが含まれると見られる。同社では対象者に事態を通知する方針だ。

同社は問題のデータについて、外部からはアクセスできない場所に保存されていたと説明。内部においても、悪用やアクセスされた形跡は見つかっていないとしている。

また外部での公開も確認されていないとしているが、同社は利用者に対してパスワードの変更方法や、2要素認証の利用方法などを案内している。

(Security NEXT - 2019/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
Facebook上で収集されたデータ5.4億件がネット上に - 指摘するも3カ月以上放置
都営住宅申込者の個人情報含むDVD2枚を紛失、委託先で - 東京都
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に
キョードー東京サイトの個人情報誤表示、PW含まず - 27日に再開予定
予約システム「Coubic」に不正アクセス - 管理用PWを奪われる
個人情報管理サービス「Lifebear」のアカウント情報が流出 - 不正アクセスの可能性
チケット販売サイトで他顧客情報を誤表示 - PWや秘密の質問なども
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明