Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず

Facebookは、一部利用者のパスワードが社内において読み取り可能な状態で保管されていたことを明らかにした。対象者には通知するという。

1月にセキュリティ調査を実施し、社内のストレージシステムにおいて読み取り可能な状態でパスワードが保存されていることが判明したことから、事態を公表したもの。

問題のデータには、接続性が低い地域で利用されている「Facebook Lite」の利用者数億人分に関するデータのほか、「Facebook」が数千万人分、「Instagram」についても数万人分のデータが含まれると見られる。同社では対象者に事態を通知する方針だ。

同社は問題のデータについて、外部からはアクセスできない場所に保存されていたと説明。内部においても、悪用やアクセスされた形跡は見つかっていないとしている。

また外部での公開も確認されていないとしているが、同社は利用者に対してパスワードの変更方法や、2要素認証の利用方法などを案内している。

(Security NEXT - 2019/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 現代ギター社
個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大
小説投稿サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ラブホテル検索サービスに不正アクセス - PW流出か
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声