Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客向けメールに配信リストを誤って添付 - 日本財託

不動産の売買や仲介を手がける日本財託は、顧客向けに配信したメールに個人情報含む資料を誤って添付して送信したことを明らかにした。

同社によれば、3月4日19時過ぎに送信した物件情報を掲載したメールにおいて、送信ミスが発生したもの。178件の氏名とメールアドレスを含む配信リストを誤って添付したという。

メール配信システムの操作ミスが原因で、同社では受信者に対してメールで謝罪。誤送信したメールと添付ファイルを削除するよう依頼した。また配信リストに記載があった顧客には、電話とメールで個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2019/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
1年前のメール送信ミスを公表、匿名による指摘 - 新潟県
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
防災センターでメール送信ミス、一部メアドを宛先に - 横浜市
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府