Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客向けメールに配信リストを誤って添付 - 日本財託

不動産の売買や仲介を手がける日本財託は、顧客向けに配信したメールに個人情報含む資料を誤って添付して送信したことを明らかにした。

同社によれば、3月4日19時過ぎに送信した物件情報を掲載したメールにおいて、送信ミスが発生したもの。178件の氏名とメールアドレスを含む配信リストを誤って添付したという。

メール配信システムの操作ミスが原因で、同社では受信者に対してメールで謝罪。誤送信したメールと添付ファイルを削除するよう依頼した。また配信リストに記載があった顧客には、電話とメールで個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2019/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

府内市町村への制度案内メールに誤って職員人事関連情報 - 大阪府
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
ふるさと納税者宛メールに個人情報を誤って添付 - 松山市
顧客向け案内メールに顧客リストを誤添付 - ボルボ
個人情報記載済みの申込書をメールに誤添付 - 鎌倉市
顧客宛てメールに顧客情報ファイルを誤添付 - リゾートトラスト
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
メルマガに誤って登録会員のメアドを添付 - NEDO
都民の住宅ローン情報含むファイルを誤送信 - 東京都
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社