Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客向けメールに配信リストを誤って添付 - 日本財託

不動産の売買や仲介を手がける日本財託は、顧客向けに配信したメールに個人情報含む資料を誤って添付して送信したことを明らかにした。

同社によれば、3月4日19時過ぎに送信した物件情報を掲載したメールにおいて、送信ミスが発生したもの。178件の氏名とメールアドレスを含む配信リストを誤って添付したという。

メール配信システムの操作ミスが原因で、同社では受信者に対してメールで謝罪。誤送信したメールと添付ファイルを削除するよう依頼した。また配信リストに記載があった顧客には、電話とメールで個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2019/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務メールを無関係メアドに同報、名簿送ったケースも - 佐賀県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
ホテル会員の個人情報をメールで誤送信 - リゾートトラスト
「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
ふるさと納税者宛メールに個人情報を誤って添付 - 松山市
生徒や保護者の個人情報含むファイルを誤掲載 - 滋賀県日野町
NTT西で「Emotet」感染、なりすましメールが送信
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック