Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発チームは、セキュリティアップデートとなる「同5.1.1」をリリースした。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する問題やバグなどあわせて14件の修正を実施した。セキュリティに関する2件の修正では、コメント機能における「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性に対処した。

さらに複数のバグに対応したほか、まもなく登場する「同5.2」では、サポートするPHPのバージョンを引き上げるため、対応の準備に向けた変更も含まれるという。

今回のアップデートは、「同5.1」の提供から短期間でのリリースとなったが、次期修正となる「同5.1.2」も今後2週間ほどで公開する予定。

また開発チームでは、「同5.0.4」「同4.9.10」「同4.8.9」をはじめ、各系列に向けたアップデートもあわせて提供している。

(Security NEXT - 2019/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数脆弱性を解消した「WordPress 5.2.3」がリリース
eコマースやRSSなどWordPress向けプラグイン2種に脆弱性
WP向け動画埋め込みプラグインに脆弱性
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
ウェブ訪問者とのチャットや追跡機能を提供するWP向けプラグインに脆弱性
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
WordPress向けプラグイン「Smart Forms」にCSRFの脆弱性