Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵送アンケートで宛名シール二重貼り、他人の個人情報が透ける状態に - 倉敷市

岡山県倉敷市は、まちづくりに関するアンケートを住民へ郵送する際、委託先が宛名シールを重ね貼りしたことで、受領者以外の対象者を特定できる状態になったことを明らかにした。

同市によれば、まちづくりに関するアンケート調査業務を委託していたエイト日本技術開発において、アンケート票の郵送時に宛名シールを重ねて貼る不適切な取り扱いがあったという。アンケートを受け取った住民から3月1日に指摘があり、問題が判明した。

同市が宛名シールを委託先へ提供後、宛先を変更することになり、あらたな宛名シールを再度提供。送付にあたり、先に貼付していたシールの上にあたらしいシールを重ねて貼りつけ、送付したという。対象となるアンケートは6950件にのぼる。

同市では、個人情報が流出した対象者に対し、書面で謝罪。問題のアンケートを受領した住民には謝罪するとともに、返信用封筒を送付し、アンケート回収への協力を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
催告書を誤発送、宛名データ作成ミスで - 豊島区
元応援団部員の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 立命館大
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
電気料金支払い依頼書を別の顧客に送付 - エネクスライフサービス
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
再委託先がアンケート調査票を誤送付 - 経産省
事務処理ミスでマイナンバー含む税額決定書を誤送付 - 小林市