Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織非公認のチャットサービス、役職者など53%が業務で利用経験

組織非公認のチャットサービスを利用したことがある役職者が半数以上にのぼるとの調査結果をサイバーソリューションズが取りまとめた。

同社が、2018年12月に従業員数200人以上の企業に勤務する経営者、役員および係長リーダークラス以上の役職者を対象に、インターネット経由で調査を実施し、結果を取りまとめたもの。500人が回答した。

会社として公式にチャットツールを導入しているか尋ねたところ、
「全社で導入している」 との回答が33%にのぼり、一部導入の20%をあわせると、半数以上が導入していた。

一方、公式に認められていないチャットサービスについて、ビジネスにおける利用状況を尋ねたところ、回答者の26%が「日常的に利用している」と答えた。

「利用することもある(20%)」「緊急の場合にやむを得ず利用したことがある(7%)」をあわせると、53%が利用経験を持つ。「わからない」「利用しない」との回答が47%だった。

(Security NEXT - 2019/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起
サイボウズ、脆弱性報奨金制度に寄付制度 - 同額上乗せしてOSSコミュへ
韓国のネット脅威はDDoSと脆弱性攻撃が中心 - 犯罪者間抗争や攻撃請負なども
W杯に代わって原油流出事故や経済関連スパムが増加 - シマンテックレポート
ウェブやメールの利用実態と企業ポリシーに大きな乖離 - クリアスウィフト調査
世界恐慌につけ込むスパム、日本語による攻撃も - G Data調査
ウイルスや不正アクセスは減少傾向、Winny相談も半減 - IPAまとめ
ネットデビュー3歳から5歳がピーク - フィルタリング利用わずか2割弱