Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増

新型コロナウイルス感染症の拡大以降、中堅企業におけるセキュリティ対策費用が約2割上昇した。「Windows10」への移行も後押ししたという。

デル・テクノロジーズが、同社顧客において従業員100人以上1000人未満の中堅企業約470社を対象に、6月8日から7月3日にかけてIT投資の動向を調査。1月に実施した同様の調査と比較した。

同調査によれば、テレワークや在宅勤務を実施した企業は63.9%。1月時点の25.1%と比較すると38.8ポイントの増加となった。ただし、7月以降もテレワークを継続すると回答した企業は54.1%となっている。

テレワークを継続しない理由としては、「コミュニケーションが難しい、時間がかかる」「チャット、ウェブ会議ツールなどの習熟度に個人差があり業務の円滑な進行を妨げる」といった声が聞かれた。

2020年度の年間IT投資額の平均は1495万円で、1月調査の1470万円からほぼ横ばい。内訳はセキュリティ対策費用が198万円で22.9%増と目立った増加を見せた。

「Windows10」に全台移行済みとする企業の割合も27.3ポイント増加し、 53.8%となった。テレワーク実施にともないセキュリティ対策への投資が進んだと見られる。一方、BCP対策費用は105万円で4%減となった。

(Security NEXT - 2020/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
少なくない? テレワーク実施でも紙資料提出で出社
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
約7割、緊急時のテレワークに賛成 - 環境用意できないとの声も
テレワーク実施者の約4割、「セキュリティ問題」がデメリット
スマホやクラウド利用に脅威感じる企業は2割から3割程度 - IDC調査