Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドセキュリティに活用できるOSSを紹介した資料 - CSAジャパン

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、「CSAガイダンスversion 4.0を用いたクラウドセキュリティリファレンス(OSSマッピング2019)」を公開した。

同資料は、クラウド利用者側に求められるセキュリティ対策を具体的に設計、実装できるよう、同団体が提供する「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス」に則したかたちでオープンソースソフトウェアを紹介したもの。

管理画面、インフラセキュリティ、仮想化とコンテナ技術、アプリケーションセキュリティ、データの暗号化、権限管理、認証などを対象分野とし、利用する上で必要とされるセキュリティ施策などを整理。施策へ対応するオープンソースソフトウェアをマッピングした。

同資料は同団体のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2019/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
クラウドや制御システムのセキュリティ活動で感謝状 - JPCERT/CC
MS、脆弱性調査環境「Azure Security Lab」を新設 - 報償金は最高30万ドル
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
ココンと産総研、高機密性データの利活用に向け共同研究
テレワーク実施者の約4割、「セキュリティ問題」がデメリット
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も