Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むメールを県内校へ誤送信 - 宮城県

宮城県は、県内にある複数の専修学校へ誤って送信したメールに無関係の個人情報が記載されていたことを公表した。

同県によれば、2月14日9時ごろ庁内の業務連絡をメールで行う際、送信ミスがあったという。

県内の私立学校におけるインフルエンザの発生状況について、担当部署へメールで報告する際、誤って宛先に県内専修学校56校を指定してしまったという。

問題のメールには、インフルエンザの発生を報告した私立校の担当者氏名が含まれており、メールを受信した専修学校から連絡でミスが判明。事態を公表した。

同県では、担当者が所属する私立校に電話で謝罪。送信先となった専修学校に対しても謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 茨城キリスト教大
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社
工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性