Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員や学生の「Office 365」アカウントが乗っ取り被害 - 東京理科大

東京理科大学において、フィッシングにより教員や学生が利用するクラウドサービスのアカウントが乗っ取られたことがわかった。メールが不正に転送されたほか、メールボックスやクラウドストレージがアクセスを受けた可能性もある。

同大によれば、教員4人、学生4人がフィッシングサイトへ誘導されて誤ってパスワードを入力してしまい、クラウドサービス「Office 365」のアカウントが乗っ取られていたことが2018年11月6日に判明したもの。

10月30日ごろより、同大の教職員や学生、卒業生に多数のフィッシングメールが届きはじめたことから、調査を進めていたところ被害が判明したという。

今回の乗っ取りにより、2018年9月11日から同年11月6日にかけて教員や学生が受信した3727件のメールが外部へ意図せず転送されていた。

(Security NEXT - 2019/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
流出した「宅ふぁいる便」顧客情報は481万5399件 - 受託ファイルの被害は確認されず
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明
「宅ふぁいる便」への不正アクセス、顧客情報約480万件の流出を確認
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大