Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず

20190206_nd_001.jpg
詐欺サイトへ誘導された経験(グラフ:NTTドコモ)

33%は、「詐欺メール」を受信した経験が「ある」と回答。メールや広告などを誤ってクリックして、「詐欺と思われるサイト」にアクセスした経験があると34%が答えた。

詐欺サイトにアクセスしてしまった際、親に相談したケースは21%にとどまり、親が知らない間にリスクに晒されているケースが多いという。

(Security NEXT - 2019/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」
マカフィー日本法人の新社長に田中辰夫氏
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
Payment Card Forensicsが商号を変更 - 「P.C.F. FRONTEO」に
FIDOアライアンス、12月に都内でセミナー開催