Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、LINEとZHDに立ち入り検査 - 報告内容を現地確認

個人情報保護委員会は、LINEや親会社であるZホールディングスの立ち入り検査を3月31日午前中より実施している。

LINEにおいて海外委託先より国内の個人情報が参照されたり、韓国のサーバでデータが保管されていたことを受け、同委員会では同社における個人情報の取り扱いについて調査を進めており、今回立ち入り検査を実施したもの。

同委員会では、3月23日に同社より報告を徴収しているが、内容が不足しているとして資料の追加提出を要請。精査を継続するとしていた。

同委員会では、実際にアクセスが遮断されていることの検証なども行っており、提出された報告書の内容について現地で確認する必要が生じたとして、立ち入り検査に踏み切った。

(Security NEXT - 2021/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アメックス装うフィッシングに注意 - 約39万円の利用額で不安煽る
メール誤送信で保護者の一部メアドが流出 - 都保育園委託先
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工
グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能