Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、LINEとZHDに立ち入り検査 - 報告内容を現地確認

個人情報保護委員会は、LINEや親会社であるZホールディングスの立ち入り検査を3月31日午前中より実施している。

LINEにおいて海外委託先より国内の個人情報が参照されたり、韓国のサーバでデータが保管されていたことを受け、同委員会では同社における個人情報の取り扱いについて調査を進めており、今回立ち入り検査を実施したもの。

同委員会では、3月23日に同社より報告を徴収しているが、内容が不足しているとして資料の追加提出を要請。精査を継続するとしていた。

同委員会では、実際にアクセスが遮断されていることの検証なども行っており、提出された報告書の内容について現地で確認する必要が生じたとして、立ち入り検査に踏み切った。

(Security NEXT - 2021/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
保護動物情報を掲載する山口県動物愛護センターのサイトが改ざん
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
「Joshin web」のフィッシングサイトに注意 - 「3Dセキュア」も要求
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ