Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、LINEとZHDに立ち入り検査 - 報告内容を現地確認

個人情報保護委員会は、LINEや親会社であるZホールディングスの立ち入り検査を3月31日午前中より実施している。

LINEにおいて海外委託先より国内の個人情報が参照されたり、韓国のサーバでデータが保管されていたことを受け、同委員会では同社における個人情報の取り扱いについて調査を進めており、今回立ち入り検査を実施したもの。

同委員会では、3月23日に同社より報告を徴収しているが、内容が不足しているとして資料の追加提出を要請。精査を継続するとしていた。

同委員会では、実際にアクセスが遮断されていることの検証なども行っており、提出された報告書の内容について現地で確認する必要が生じたとして、立ち入り検査に踏み切った。

(Security NEXT - 2021/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ