Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

造幣局の通販サイト、別の顧客情報を誤表示 - 保守時の作業ミスで

貨幣セットなどを扱う造幣局オンラインショップにおいて、注文履歴画面に関係ない別の顧客情報が表示される不具合が発生したことがわかった。

同サイトを運営する造幣局によれば、1月23日から28日にかけて、注文履歴画面に注文者とは別の顧客の履歴情報も表示され、閲覧できる状態となっていたという。顧客から指摘があり問題が判明した。

システムの保守における作業ミスが原因で、対象となる顧客は66人。氏名や住所、電話番号、ファックス番号、購入履歴などが含まれる。

今回の問題を受け、同局では対象となる購入者に対し、説明と謝罪を行った。不具合についてはすでに修正済みだという。

(Security NEXT - 2019/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でサービス利用者のメアド流出 - 学習塾
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
委託先が研修案内メール誤送信、メアド流出 - 東京観光財団
顧客向け案内メール誤送信 - サムライ・ロック・オーケストラ
誤送信で専門家派遣事業利用者8046人分のメアド流出 - 経産省
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大
「天下一音ゲ祭」の出場者向けメールで誤送信