Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多

また同四半期は、アダルトサイトを閲覧している姿をウェブカメラで撮影した映像を知人に送るなどと騙し、仮想通貨で金銭を要求するメールに関する相談が急増。前四半期の2.4倍となる701件寄せられた。

宅配業者をかたるSMSからフィッシングサイトへ誘導されたり、不審なアプリをインストールさせられたりする手口に関する相談が、前四半期の2.4倍にあたる499件と目立っている。

20190201_ip_001.jpg
宅配業者をかたるSMSの相談件数(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2019/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
「JVN iPedia」登録、2019年2Qは5207件 - 累計10万件突破
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か