Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー案内メール誤送信 - エフティグループ

エフティグループは、セミナーを案内するメールにおいて誤送信が発生し、顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、1月15日15時ごろに送信したセミナー「公的支援制度活用勉強会」について案内するメールにおいて誤送信が発生したもの。

担当者のミスにより、氏名やメールアドレス、会社名など個人情報296人分が受信者間で閲覧できる状態で送信された。

同社では、同月16日に対象となる顧客へ謝罪。あわせて誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
象印通販サイトで情報流出 - 情報盗む改ざん決済画面への誘導メールも
レンサバ事業者装うフィッシングに注意 - 偽管理ツールに誘導
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - サンウェル
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協