Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー案内メール誤送信 - エフティグループ

エフティグループは、セミナーを案内するメールにおいて誤送信が発生し、顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、1月15日15時ごろに送信したセミナー「公的支援制度活用勉強会」について案内するメールにおいて誤送信が発生したもの。

担当者のミスにより、氏名やメールアドレス、会社名など個人情報296人分が受信者間で閲覧できる状態で送信された。

同社では、同月16日に対象となる顧客へ謝罪。あわせて誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
Apple、「iOS 12.4」をリリース - 脆弱性36件を修正
「VLCメディアプレイヤー」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
eコマースやRSSなどWordPress向けプラグイン2種に脆弱性
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導
規定改善や抑止策などブランド毀損対策を支援 - クニエ
イベント申込者情報をサイト上で公開 - 宮崎県立図書館