Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォスら、サイバー攻撃の検知からブロックまで自動化するソリューション

ソフォス、APRESIA Systems、ディアイティの3社は、サイバー攻撃の検知から分析、ブロックまでを自動化する「スレットハンティング」ソリューションを提供開始した。

同ソリューションは、3社の製品を連携させたもの。ソフォスのファイアウォール「Sophos XG Firewall」で脅威を検知。アラートとして通知を受けたディアイティのサイバー攻撃統合分析プラットフォーム「WADJETR」で分析を行う。

分析により、通信を遮断すべきと判断した場合は、ネットワークスイッチのアクセス制御を動的に変更するAPRESIA Systemsの「AN-Tracker」に指示。ネットワークスイッチのアクセス制御を動的に変更し、通信を遮断できる。

またWADJETがトラフィックをリアルタイムに可視化するほか、アラートや通信遮断の状態を把握することができる。

(Security NEXT - 2019/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
テリロジー、イスラエル製ダークネットモニタリングサービスを開始
ウェブルート、企業CSIRTやMSP向けに脅威情報サービス
DTRS、グローバルネットワーク活かした脅威分析サービス
PwC、専門チームを設置しサービス強化 - 責任者に星澤氏
シスコ、攻撃やマルウェア侵入を防止する監視サービスを開始
マクニカソリューションズ、Imperva製「SecureSphere」を販売開始
スキャンした統計から安全性を診断するノートン最新版 - 2人用「2コニコパック」やUSB版も